CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
OTHERS

もの部ログ

実直なものづくりのための活動と徒然なる記録
<< さんま寿司 | main | 紋切りワークショップ(シブヤ大学@クルック) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『豆紋』 完成です。
夏より製作が続いていた『豆紋』(下中菜穂著)が、ついに完成しました!


カードやコースターづくりに使える、小さなサイズの型紙が36種。
ブックレットもかなりかわいい。
ひとつの「紋」に見開き2ページ。それぞれの「紋」に、日本人の季節感や自然観が映し出されていることがわかります。
紋の意味をわかって使いこなすと、「紋切り」の楽しさは倍々に広がります。
江戸の人びとと「かたち」を通じてつながっているような感じがするから不思議です。

この『豆紋』、15色、150枚もの和紙折り紙(10cm角)がついていて、かなりお得。
個人的には、エメラルドグリーンの和紙にグッときてしまいました。

和菓子のようなパッケージの下には白い箱。
箱自体に紋切りを貼れば、オリジナルの小箱が作れます。

また、裏側の価格バーコードは剥がせるので、贈り物にもいい感じです。

わたしはさっそく昨日、海外調査に出発する友人の研究者にプレゼントしました。
私の経験上、切り紙や折紙って、旅先でのコミュニケーションに効果あり。
セルビアで人気者になっている様子が目に浮かびます・・・



| 「紋切り」関連 | 02:40 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 02:40 | - | - |