CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
OTHERS

もの部ログ

実直なものづくりのための活動と徒然なる記録
<< 世界にすむ子どもにとっての「雪」とは??? | main | デリエ・イデーにて「はつゆき」展、はじまりました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
クリエイターの視点
早いもので、東中野ポレポレ坐の展示も残す所あと1日となりました。
土曜日は足元の悪い冬至の寒い最中、たくさんの方にご来場いただき、感謝の念にたえません。

遅ればせながら、今回のプロジェクトに参加してくださった、クリエイターの方々の作品をご紹介したいと思います。みなさんならではの解釈による「はつゆき」です。


9brand

《紋切花時計》

夫婦で運営する、在鎌倉のデザインレーベルの作品です。
こちらに関してはキャプションより拝借させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「紋切花」は、「紋切り」に学び、切り紙を何層も重ねて見立てた花です。
何枚かの切り紙は花弁のように重なり、伝統的かつシンメトリーな紋様は、
重なることで新種の花のような新しい美しさを見せます。
この「紋切花」を応用した「紋切花時計」は、届いた場所で
たったひとつの時の花を咲かせる、自分だけのオリジナル時計をつくれるキットです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実物は、重なった紋切りが壁に落とす影も素敵な作品になっています。
15cm角の中に小さな宇宙があります。


botanic

《hatsuyuki small bag》

手芸家の3人の女性によるユニットです。
今回は合計10点の作品を提供してくれました。その一点一点が異なるデザインです。発想力に脱帽。味のある暖かみのある作品となっています。


寺坂耕一


イラストレーターの寺坂さんは、《white lion》《connecting》《amigos》《bright lights》4点のコラージュ作品を提供してくれました。作画の後、はつゆき形に切り取って制作とのこと。絵とはつゆきのフォルムの妙を楽しめる作品達です。


* 中山朋子

《ハツユキ》

木くずや紙、ダンボールを素材として制作する造形作家さんです。
かなり大きな作品。
この他に提供してくれた、《鹿とはつゆきの首飾り》(下の写真右手に写っています。)共々、ファンの多し、です。
一見段ボールで作られてるとは分からない見事さ。


* 宮原千奈(新しい漆工藝研究所)


漆工芸家さんです。《親子椀》《漆紙箱》《箔絵手箱》を出品してくださいました。
漆といっても、とてもモダンなアレンジを加えてあります。グラフィカルにもみえるし、文様だけあってワンポイントでの主張もあります。


言葉で説明するのは難しいですね。
百聞は一見にしかず。こちらで気になった作品は是非直接ご覧いただきたいです。
宮原さんの漆以外は販売しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

イデー、丸の内カフェでの展示はまた違う切り口で、新たな「はつゆき」も加わり展開されますが、これだけボリュームのある作品を一堂に介する展示は今のところ東中野だけとなっております。
残す所12/23(日)のみとなりますので、お見逃しなく!





| はつゆきプロジェクト | 01:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |